マルチサイクロンは機械的な集塵装置です

マルチサイクロンとは沢山のサイクロンと言う意味で実際には小型のサイクロンを機械室の中に数多くの設置して集塵効率を上げていく機械式集塵装置の事です。
原理は簡単で旋回流を筒の中で発生させダスト分を取りに除きます。

セルという筒は硬い鋳物で作られています。

マルチサイクロン情報選びに特化したポータルサイトです。

セルの数を沢山増やす事により集塵効率を上げる事が出来る為公害防止用環境機器として地方自体の焼却炉や石炭炊きボイラーに設置されています。

マルチサイクロンのメリットは電気集塵装置に比べて価格が安く、メンテナンス作業も簡単であるという事です。


従って排出規制値の数値関してその数値が緩やかな地域ではマルチサイクロンが採用されいます。


実際に地方自治体の焼却炉に設置されたマルチサイクロンの場合には排出値も規制値内、フリーメンテナンス、捕集したしたダストの回収がし易い、連続運転が可能等の高評価を得ています。
サイクロンの特性として排ガス中のダストの粒形が大きければ大きいほど集塵効率も上がります。

その為石炭炊きボイラーの中小型ボイラープラント以外にも木屑炊きボイラープラントにも積極的に採用されています。

Yahoo!ニュース情報が満載です。

特に近年公害問題が大きな話題になり始めている東南アジア諸国の合板工場向けの木屑炊きボイラープラントにはマルチサイクロンが最初から標準装備され日本から輸出されています。



更にそれらの国々から研修生として日本の公害対策の研修に派遣されている技術者に対しても環境機器の説明が行われています。